観る

次回 平成30年5月3日予定

大名行列 奴のねり

江戸時代中期ごろから始められたという歴史ある伝統行事で、十万石の格式をもつ秋田出来守という架空の殿様や、徳川家康の生母「於大の方」などの行列が市内中心部を練り歩き、一大時代絵巻を繰り広げます。

徳川家康の生母「於大の方」の実家、水野家の居城があったことで知られる刈谷市ですが、城下町にふさわしい大名行列を開催しています。


地元の刈谷春祭実行委員会により開催され、次回は平成30年5月の開催を予定しています。


 


〈歴史〉


刈谷の大名行列は、江戸時代中期ごろから始められたという歴史ある伝統行事です。起源は司町にある市原稲荷神社の祭礼として行われたもので、十万石の格式をもつ秋田出来守(あきたできのかみ)という架空の殿様が神社の神輿を警護するといった形を表していました。現在では、大名行列保存会により引き継がれており、徳川家康の生母「於大の方」などの女性列が行列に華を添え、伝統の技「奴のねり」とともに市内中心部を練り歩き盛大に開催しています。


〈ポイント〉


 殿様、於大の方等は公募しています。特に、於大の方、於富の方(於大の方の母)、於上の方(於大の方の姉)の3名はきらびやかな衣装をまとい、行列に華を添えます。市内の子ども会も参加し、子供たちは普段着ることができない着物や武者姿を楽しんでいます。


 「奴のねり」は刈谷市独特のもので、市指定無形民俗文化財に指定されています。他の地域とは違うかけ声や特徴のある足捌きなど、観ていて興味深いものとなっています。


 


平成27年度のチラシ・行進経路図


チラシ表 ⇒ 


行進経路図 ⇒ 


当日は行列の行進に伴い周辺道路は交通規制が実施されますので、


ご協力いただきますようお願いいたします。


詳細は行進経路図をご参照ください。

詳細データ

開催期間
次回 平成30年5月3日予定
開催場所
正覚寺~市原稲荷神社
開催住所
刈谷市寺横町4-36(正覚寺)
刈谷市司町8-52(市原稲荷神社)
アクセス
名鉄三河線「刈谷市」駅下車徒歩5分圏内
JR東海道本線「刈谷」駅下車10分圏内
駐車場
「寺横駐車場」120台、「御幸町駐車場」80台 共に1時間まで無料、1時間50円
お問合せ
刈谷市大名行列保存会 (0566-21-6326)
刈谷市観光協会 (0566-23-4100)

このスポットの周辺にある他の情報をランダムに表示します。

RSS
rss2.0
post comment
twitter
hatena
yahoo
livedoor
buzzurl
newsing

近日開催の祭・イベント&カレンダー

今週の刈谷の天気

インフォメーション

  • 刈谷素材集
  • 協会会員募集中
このページの先頭へ
Copyright(c) 2002-2011 刈谷市観光協会 All Rights Reserved.
トップページへ