刈谷の歴史に親しみ、見て、触れて、体験して学ぶことができる施設として、平成31年3月24日に開館しました。
地域にある歴史資料のほか、全国に散在する刈谷に関する資料を収集調査し、展示により紹介します。

  • 館内をご案内

  • 博物館外観の写真

    博物館外観

    かつなりくん

    特徴的に折り重なる大きな屋根には、地元特産の三州瓦が使用されています。 日本の伝統的な建築様式の風格を漂わせる外観は、刈谷城下の歴史を感じさせます。

  • エントランスの写真

    エントランス

    白色のレンガと木を基調としたエントランスは、南向きに開いた大きな窓から自然光を取り入れることで、明るく開放的な空間となっています。窓の外には刈谷城の石垣をモチーフとした石垣塀が特徴的な庭園を望むことができ、図書コーナーで刈谷に関係する書籍を閲覧して楽しむこともできます。

    かつなりくん
  • お祭りひろばのイメージ

    お祭りひろば

    かつなりくん

    大名行列・山車祭、万燈祭、野田雨乞笠おどりの3つの祭りを中心に、実物の山車や祭り道具の展示をはじめ万燈を担ぐ体験や臨場感あふれる映像をお楽しみいただけます。

  • 歴史ひろばのイメージ

    歴史ひろば

    刈谷の特徴的な3つの時代として「刈谷の縄文時代」、「刈谷藩と城下町」、「刈谷発の近代化」をテーマに、刈谷の歴史を紹介します。

    かつなりくん
  • 企画展示室のイメージ

    企画展示室

    かつなりくん

    刈谷の歴史文化に関するさまざまな企画展示を年に数回開催します。歴史上の人物や貴重な遺跡など毎回テーマを定め、深く掘り下げた内容の展示を行います。

2019年度

刈谷市歴史博物館

~企画展スケジュール~

  • 右の画像をクリックで
    PDFファイルが開きます。

観覧料

2019年度無料

2019年企画展スケジュール


2019年度企画展

はこぶものたち

―運搬事始メー

  • 右の画像をクリックで
    PDFファイルが開きます。

7月23日(火)~9月1日(日)

観覧料 無料

はこぶものたちチラシ

「ひと」や「もの」は、さまざまな方法で移動します。自動車や電車、船や馬 etc...本企画展では、何かを「はこぶ」ことに注目し、江戸時代末期から明治・大正そして昭和へと進歩した輸送を紹介します。

「東京市街鉄道馬車萬世橋通行ノ景」刈谷市歴史博物館蔵

「東京市街鉄道馬車萬世橋通行ノ景」刈谷市歴史博物館蔵

「東京両国通運会社川蒸気往復盛栄真景之図」郵政博物館蔵

「東京両国通運会社川蒸気往復盛栄真景之図」郵政博物館蔵

「内国通運会社代理店 飯田大八引札」物流博物館蔵

「内国通運会社代理店 飯田大八引札」物流博物館蔵

刈谷市美術館

刈谷市美術館佐喜知庵

~人と人、人とものとの新たな出会いや交流の場所~

美術への親しみと理解をいっそう深め、心の豊かさを育んでいただけるよう、さまざまな企画展や常設展を開催しています。併設している『佐喜知庵』では、お呈茶や、茶道のおけいこ場としても利用でき、茶道を身近に感じることができます。

歴史を学んだあとは芸術に触れよう歴史を学んだあとは芸術に触れよう

周辺スポット

  • 亀城公園

    春は桜がきれいな亀城公園

    詳細ページへ
  • 郷土資料館

    刈谷をもっと知るなら郷土資料館

    詳細ページへ